不登校事例を書き留めることの意味

 このサイトは2004年に立ち上げました。高校で新しい生徒を担任したときにあまりにも不登校の生徒が多かったことに驚き、その経過記録をまとめた指導資料が基になっています。

 時が流れて2010年に自分の子どもが不登校に陥りました。今度は親として不登校に立ち向かうことになりました。当たり前の話ですが、不登校に決定的な解決方法はありません。多くの親がそうであるように「何が悪かったのか」「甘やかして育ててしまった」「学校の中に問題がある」「携帯電話とメールが気力を削いでいる」など色々な原因を考え、迷い、怒り、不安に翻弄されながら過ごす日々が続きました。「居場所を作れば直る」「不登校は悪いことじゃない」などカウンセリング的なアドバイスも、的を射ているとは思えず結局「どれも間違ってるし、どれも正しい」と考えることにしました。ただ、不登校の本人も揺らぎ、家族も揺らいだとき、多くの事例は台風に遭ったときの海図の役割を果たしてくれました。
 ここには、自分で記録したもののほか、掲示板に寄せられた体験や、時には寄せられた批判もあります。それらは今、不登校の渦中にいる本人、家族の方々にきっと参考になると信じています。

2012/5/07

掲示板を設置しました

2014/09/18

遠足くらい参加しろ

 定時制高校に赴任してから、行事の盛り上がりに欠けるのがすごく気になります。 遠...

» 続きを読む

2014/09/16

不登校との戦い5・・・趣味を持とう

 不登校に悩む生徒と話をしていると「まじめ」「親思い」という場合が多いのですが、...

» 続きを読む

2014/09/08

初めての入院2・・・血液検査で癌を発見できることの功罪

 半月ほど前に「血液検査で13種類の癌がわかるようになる。」というニュースが流れ...

» 続きを読む

2014/08/29

初めての入院1

 不登校と離れますが、私は夏休み中に人生で初めて入院を経験しました。私にとっては...

» 続きを読む

2014/08/11

どんな形であっても親に愛されている子は幸せ

 中学校にほとんど通学できなかったとか、小学校は保健室登校だったとかいう子どもた...

» 続きを読む

2014/08/08

不登校克服の戦い4・・・自意識過剰じゃない?

 不登校のときというのはだいたいみんな気持ちがへたってます。気持ちがへたるから不...

» 続きを読む

不登校克服の戦い3・・・夏休みも気持ちが休まらない

 夏休み中でもふらりと学校にやってくる生徒がいます。「夏休みいらない!一週間ぐら...

» 続きを読む

«改めて不登校の原因を考察する5 ・・・孤立家庭